完結済み少女漫画ベスト15!アラサー男子がハマる本はこれだ!

こんにちは!普段は埼玉のグルメ&観光スポットを紹介しているアラサーブロガーじゅうたろう(RockyRord31)です。

実は私は大のアニメ&漫画好き!

漫画はツタヤで借りまくったり、漫画喫茶に入り浸るほど大好きです。

そんな私がこれまで読んできた漫画の中で、ぜひとも私と同じアラサー男子に読んでほしいオススメ少女・女性漫画を紹介します!

※男性視点なので、胸キュンというよりは感動系の読みやすい漫画が多いです

では早速いってみよー!

15位『orange』高野苺

created by Rinker
双葉社
¥670 (2018/09/23 18:33:36時点 Amazon調べ-詳細)

長野県松本市に住む女子高校生・高宮菜穂は2年生になった4月の始業式の日、差出人が自分の名前になっている手紙を受け取る。その手紙には、26歳になった10年後の自分が後悔をしていて、その後悔を16歳の自分には味わってほしくないこと、菜穂に今後起きること、それに対して菜穂にしてほしい行動が書かれていた。菜穂は、初めは誰かのいたずらと思っていたが、手紙に書かれていた通り、成瀬翔が東京から転校してくる・・ 引用:wikipedia

後悔しない未来を作るというSFファンタジー的な設定を見事にまとめた作品。

『翔が自殺した』という深い闇の設定がある一方、青春でしか体験できないドキドキワクワクの恋愛がたくさん描かれています。

タイムリープモノが好きな方はどんどんハマっていくでしょう。

最終巻は期待していた感じとちょっと違いましたが堂々の完結!全5巻という短さもちょうど良いです。

ここがオススメ!

・絵が綺麗で読みやすく、キャラクターの心理描写が繊細に書かれているのが◎

14位『俺物語』河原和音・アルコ

created by Rinker
¥432 (2018/09/23 18:41:42時点 Amazon調べ-詳細)

常人離れした身体能力と行動力、仁義と正義感にあふれ、純情で不器用な高校一年生・剛田猛男。同性からは慕われる男の中の男だが、異性には全く好かれない、いかつい顔とごつい巨体の持ち主だった。彼がこれまでに好きになった女子たちは、クールで秀才でイケメンの親友・砂川誠を好きになっていた・・ 引用:wikipedia

まず、主人公『猛男』が少女漫画とは思えないゴリゴリの柔道男ww

普通の漫画ならクールなイケメンの親友『砂川』が主人公になるところですが、このギャップですでに◎。

猛男の素直でまっすぐな名言の数々に心惹かれます。思っていることを言葉に出すと恥ずかしい傾向にある人は、グッとくるものがあるでしょう。

ヒロイン大和の乙女チックな願望に全力で答える猛男に拍手!全13巻です。

猛男の名言『言え!思っていること全部。全部俺にぶつけてくれ!何があっても俺は倒れはしない!そして笑ってろ!俺は大和の笑った顔が大好きだ!』

ここがオススメ!
・猛男の男らしい言葉が胸に突き刺さる!

13位『BANANA FISH』吉田秋生

1973年ベトナム戦争の最中、アメリカ軍兵士グリフィン・カーレンリースが突然、同じ分隊の兵士たちに自動小銃を乱射して死傷させる。その場に居合わせたマックス・ロボは彼の足を狙撃し取り押さえる。そのとき、グリフィンは「バナナ・フィッシュ」という謎の言葉をつぶやく・・ 引用:wikipedia

これも少女漫画とは思えない内容w ストリートギャングを束ねるリーダー『アッシュ』が、日本人カメラマンの助手『英二』とともにバナナフィッシュの謎に迫っていく物語。全19巻です。

2018年8月現在、アニメがノイタミナで放送されています。

当時はまだ表立っていなかったゲイ(同性愛)についてや、スラム街の弱肉強弱な世界観は衝撃だったことでしょう。

何より、この漫画はニューヨークの人々や風景の描写が美しい!この世界観にすぐにハマること間違いなし。

同じ作家さんでは『海街dairy』がありますが、今回は1つのストーリーとして完成度の高い『BANANA FISH』を挙げさせていただきました。

アッシュの名言『もうこれ以上はないくらいー俺は幸福でたまらないんだ』

英二の名言『世界中が君の敵に回っても僕は君の味方だってことさ』

ここがオススメ!
・美しき孤高の狼アッシュは男性から見てもかっこよすぎる!

12位『ちびまる子ちゃん』さくらももこ

1974年から1975年にかけて静岡県清水市(現:静岡県静岡市清水区)の入江地区で少女時代を過ごした作者のさくらももこの投影である小学3年生の「ちびまる子ちゃん」が、家族や友達と共に繰り広げる日常生活を描いたコメディ漫画。 引用:wikipedia

言わずと知れた国民的アニメ!でも、漫画版を読んだことのある人って意外と少ないんじゃないですか?

読んだことある人に聞けばみんな言うと思うんですが、『ちびまる子ちゃん』は漫画の方が面白いです!

なんというか、漫画の方がさくらももこの実体験感が伝わってきやすいんですよね、絵のせいかもしれません。

アニメよりさらにシュールな話が数しれず。友蔵とローラースルーゴーゴーを買いに行く話や、まる子が書き初めをする話が個人的にツボです。全16巻。

ここがオススメ!
・アニメよりさらにシュールさが加速!一度読み出すとどんどんツボにハマる!

11位『しゃにむにGO!』羅川真里茂

伊出延久はスポーツ万能で将来を有望視される陸上ランナーだった。しかし、中学3年生のある日、偶然見かけた幕ノ鎌高校テニス部の尚田ひなこに一目惚れ。陸上をやめ、彼女と同じ高校に進学し、テニス部に入部する。 引用:wikipedia

才能に溢れている主人公『延久』と、クールなライバルでサラブレッドの『ルーイ』が織り成す青春テニス漫画。

ただの青春テニス漫画だったら読まなかったのですが、『赤ちゃんと僕』『ましろの音』で有名な作者の羅川真里茂さんが大好きでハマりました。

この漫画のすごいところはテニスの試合はもちろんなんですが、特に人の感情の描写がうまい!

『延久』と『ルーイ』のつかず離れない友情関係、ヒロイン『ひなこ』との恋愛にも注目です。

テニスのルールをよく知らなくても楽しめました!全32巻の大作です。

ここがオススメ!
・主人公『延久』の急成長していく姿が清々しい!

10位『きょうは会社休みます。』藤村真理

created by Rinker
集英社
¥453 (2018/09/23 18:33:37時点 Amazon調べ-詳細)

これまでの人生で一度も彼氏ができたことがないOLの青石花笑は、処女のまま33歳の誕生日を迎え悲嘆していた。会社のアルバイトの青年・田之倉悠斗と酒を飲み、次第に酔っ払っていった花笑が翌朝目を覚ますと、田之倉と一夜を共にした後だった・・ 引用:wikipedia

ドラマにもなった大人の恋愛漫画!こじらせ女子が若いイケメン男性と付き合っていく過程を描いた作品です。

きっと女子にとってはウハウハな作品なんだろうな〜と思いますが、男性が読んでも面白い。

最初は田之倉くんの性格が嫌いでしたが、徐々に変わっていく姿が好感でした。

33歳まで処女だったという乙女心満載の花笑にもキュンとします。

徐々にガンガン花笑を攻めてくる、田之倉のライバル的な浅尾さんもカッコ良いです。

あんな仕事できる男になりたい!全13巻です。

田之倉の名言「マヌケな顔も可愛いから、安心して。」

浅尾の名言「勝負に出なきゃ手に入るものも手に出来ないし、フラれたって死ぬわけじゃねーし。」

ここがオススメ!
・花笑を奪おうとする浅尾さんの勇姿を見逃すな!

9位『うさぎドロップ』宇仁田ゆみ

created by Rinker
¥1,008 (2018/09/23 18:33:38時点 Amazon調べ-詳細)

祖父の訃報で訪れた祖父の家で、30歳の独身男、河地大吉(ダイキチ)は一人の少女と出会う。その少女、鹿賀りんは祖父の隠し子であった。望まれぬ子であったりんを施設に入れようと言う親族の意見に反発したダイキチは、りんを自分が引き取り育てると言った。こうして、不器用な男としっかり者の少女との共同生活が始まる・・ 引用:wikipedia

『うさぎドロップ』は家族としての関係を築く幼少時代(1〜4巻)と、母親への気持ちや恋心が芽生える高校生時代(5〜9巻)に分かれている作品。

作者の宇仁田ゆみさんの絵はなんだか優しくて、とっても読みやすいです!字も少なめで疲れずにスッとストーリーが入ってきます。

『うさぎドロップ』というと「家族モノなんじゃ?」と思うかもしれませんが、オススメは高校生時代!

りんがある相手に恋心を抱いていく姿がキュンとします。ダイキチとコウキママの進まない恋もなんだかムズムズ・・w

全9巻でサクッと読めるのも良いところ。疲れているときにオススメです!

ここがオススメ!
・前半と後半で全然違う漫画に!家族モノと恋愛モノどちらも楽しめる作品。

8位『東京タラレバ娘』東村アキコ

created by Rinker
講談社
¥463 (2018/09/23 18:33:38時点 Amazon調べ-詳細)

あの時彼がもう少しセンスが良かったらプロポーズを受けていたのに(倫子談)。バンドマンの彼がもう少し芽が出る可能性があったら’(香談)’。こうしていたら……、ああすれば……、高い理想を掲げて根拠もなく仮定の話を積み上げているうちに、気が付けば独身のまま33歳になっていた。脚本家の鎌田倫子は、恋も仕事も上手くいかず、高校時代からの親友である香、小雪と焦りながらも「女子会」を繰り返す日々を送っていた。そんな話ばかりしていると、突然、金髪の美青年に「このタラレバ女!」と言い放たれてしまう。いつのまにか金髪の美青年はいつもの飲み屋「呑んべえ」の常連となり、倫子たちと何かしら関わってくる・・ 引用:wikipedia

吉高由里子主演でドラマにもなった作品。でもね、面白いのはなんといっても原作です!

東村アキコさん独特のタッチでアラサー女子をぶった斬るシーンの数々にハマりました。

毒舌発言の多いモデル『KEY』がどこか影を背負っていて、その理由が徐々に分かっていくのも面白かったです。

仕事や恋愛で苦しみながらも進んでいく倫子の姿は逞しく感じますね!全9巻です。

KEYの名言「あんたらのソレは女子会じゃなくてただの・・・行き遅れ女の井戸端会議だろ」

倫子の名言「何かあっただけマシ 何もないほうがマシ 誰からも相手にされないよりはマシ 一晩の過ちの相手がイケメンだっただけマシ あの女より顔もスタイルもマシ やりたい仕事でメシ食えてるだけマシ もう33歳だけど40オーバーの独身女よりは全然マシ でもいくら「マシ」を数えたって 私の人生全然幸せじゃない」

ここがオススメ!
・飾らないアラサー女子のぶっちゃけトークは見応えアリ!

7位『月影ベイベ』小玉ユキ

created by Rinker
¥463 (2018/09/23 18:33:39時点 Amazon調べ-詳細)

富山県富山市八尾町。ここで生まれ育った佐伯光は、伝統芸能の“おわら”を心から愛している。光はある日、学園祭で踊るおわらの練習を興味がないからと参加していなかった東京からの転校生・峰岸蛍子が、誰もいない教室で完璧な美しいおわらを踊っているところを見てしまう・・ 引用:wikipedia

小玉ユキさんといえば『坂道のアポロン』ですが、こちらもオススメ!

『月影ベイベ』は富山市の伝統芸能『おわら』というマニアックなところをついた作品で斬新です。

マニアックと思いきや全然読みやすい。メインは人間関係なので、おわらに関心がなくてもどんどんその魅力にハマっていくことでしょう。

主人公『光』とヒロイン『蛍子』の、包み隠さない率直な恋心もグッとくるものがありました。

小玉ユキさんのすごいのは、街並みを綺麗に描きつつ、そこを舞台に男女の恋愛・青春を鮮やかに表現しているところ。

これは佐世保を舞台にした『坂道のアポロン』に共通するところです。地域漫画が得意なんでしょうか・・

光の叔父『円』の許されぬ恋にも注目の作品!全9巻です。

ここがオススメ!
・富山の風景を舞台にした男女の青春&恋模様が美しい!

6位『のだめカンタービレ』二ノ宮知子

ある日、千秋は酔っ払って自宅の前で眠ってしまう。目が覚めると周囲にはゴミの山と悪臭、そして美しいピアノソナタを奏でる女性がいた。彼女の名前は野田恵(通称・のだめ)で、なんと千秋と同じマンションの隣の部屋に住み、同じ音大のピアノ科に在籍していたのだった。入浴は1日おき、シャンプーは3日おきというのだめだったものの、千秋はのだめの中に秘められた天賦の才を敏感に感じ取る・・ 引用:wikipedia

言わずとしれた音楽漫画の名作!ドラマ・映画も大ヒットしていますよね。

そんなのだめですがちゃんと見るならやっぱり原作から!

漫画だから音は聞こえないのに、鳥肌の立つ圧巻シーンが何度もあります。

千秋が指揮者という設定だからこそ、周りの楽器隊についてよく描けているなと感心しました。

音楽に対する若者たちの真摯な気持ちもありつつ、ふざけたシーンも多くとても読みやすい作品。

のだめの千秋に対する素直な気持ちにも癒されます。これを読むと音大生になりたくなっちゃうよーー!!全25巻です。

ここがオススメ!
・千秋のサディスティックな指導についていくのだめの姿が面白い!

5位『Paradise Kiss』矢沢あい

早坂紫は、進学校に通う高校三年生。学校と塾と家を往復する人生に、疑問を感じる日々を送っていた。そんなある日、紫は「パラダイス・キス」(パラキス)のメンバーからショーのモデルにスカウトされる。パラキスは、矢沢芸術学院の服飾科に在籍する小泉譲二(ジョージ)、櫻田実和子、永瀬嵐、山本大助(イザベラ)で結成されたグループで、学園祭のファッションショーに向けてショーモデルを探していた。それまで勉強しかしてこなかった紫は、当初はパラキスのメンバーに対し「あんた達の遊びにつき合ってる程ヒマじゃない!」と、偏見を抱いていた。しかし、パラキスのメンバーと一緒に行動するうちに、彼らのひたむきに夢を目指す姿勢に惹かれていく・・ 引用:wikipedia

矢沢あいと言えば『NANA』や『ご近所物語』が有名ですが、私はこれが一番しっくりきます。

高校生なのに車を乗り回すジョージや、顔にピンやチェーンをつけてる嵐など、現実離れしたキャラが多数登場。

アパートを借りているリア充キャラもいて、「なんで俺とこんなに違うの?」と高校生の頃読んでなぜか自分の不甲斐なさを感じた作品ですw

前半では親に言われるままに生活していた紫が、後半になるとどんどん自分で未来を決めて行く姿に引き込まれます。

クールなセリフの多いジョージとの恋の行方も注目!少女漫画にはないリアルな男女の恋愛もありです。全5巻なのでサクッと読めるのも◎。

イザベラの名言「迷いや不安は誰にでもあるわ。投げやりにさえならなければ人生は楽しいと思わない?」

ジョージの名言「どうするかは自分で決めろよ。おまえの人生なんだから。たとえおまえが地獄に堕ちようとおれは一切責任持てないしな」

ここがオススメ!
・成長してく紫の姿に共感!男が見てもジョージはカッコイイ

4位『かくかくしかじか』東村アキコ

created by Rinker
¥802 (2018/09/23 18:33:39時点 Amazon調べ-詳細)

林明子は、宮崎県の片隅で伸び伸びと育ち、自分は絵の天才だと思い込みながら少女漫画家になることを夢見ていた。高校生のころ「美術大学に進学し、在学中に漫画家としてデビューする」という計画を立て、高校3年で日高絵画教室の美大進学コースに入る。しかし、講師であり自らも画家の日高健三に今までの自信と天才との思い込みを粉々に打ち砕かれ、待っていたのは竹刀とアイアンクローのスパルタ指導。そして、厳しくも優しい恩師・日高先生と、調子者のミラクルガール・明子が、ときに反発しながら二人三脚で美大合格を目指す。 引用:wikipedia

こちらも東村アキコ作品。作者の高校生時代から振り返る、恩師との交流を描いたエッセイです。

これは本当にめちゃくちゃ泣きました。全5巻の超感動の大作です。

東村さんは自分をありのままにさらけ出すスタイルの作品が多く、エッセイだとそれが際立っていて素晴らしいです。

独特の笑える描写もあって読みやすい。感動と笑いをくれます。

怖いけどお人好しの恩師・日高先生の何度も出てくる「書け」というセリフが忘れられません。あぁ、思い出して泣きそうになるw

何度も何度も読みたくなる作品!東村さんの人生を知ることもできるので、1人の人生の参考として読んでも面白いでしょう。周りにいるキャラも濃くて印象的でした。

ここがオススメ!
・東村アキコの先生への想いがビンビン伝わってきて、涙なしでは読めない感動大作!

3位『坂道のアポロン』小玉ユキ

created by Rinker
¥463 (2018/09/23 18:41:42時点 Amazon調べ-詳細)

1966年初夏、男子高校生・西見薫は船乗りの父親の仕事の都合で、横須賀から長崎県の佐世保市にある佐世保東高校に転校した。転校初日、同じクラスのバンカラな男・川渕千太郎との出会いをきっかけに、ジャズの魅力にはまり、薫の高校生活は思わぬ方向へ変化していく。更に、薫は千太郎の幼馴染である迎律子を好きになるが、律子は千太郎に、千太郎は上級生の深堀百合香に、百合香は桂木淳一に思いを寄せていて、それぞれの恋の行方も複雑になっていく。 引用:wikipedia

『月影ベイベ』に引き続きこちらも小玉ユキ作品。長崎県佐世保市を舞台にした、男女の青春音楽ストーリーです。全9巻。

ちょっとひねくれているピアニスト薫と、不良のドラマー千太郎が徐々に仲良くなっていく姿にはほっこりします。

それぞれが違う相手を好きになる一方通行な恋も、次第に変化がありワクワクが止まりません。

素朴な可愛さのあるりっちゃんにも注目。佐世保弁に癒されます。

特に印象的だったのは文化祭でのジャズセッションシーン!超感動です。漫画だから音は伝わらないのに鳥肌が止まりませんでした。

アニメはノイタミナ枠だったせいか、省かれているところがあったのに対し、漫画だと省略なしで読めてオススメです。

薫の名言「怖がってたら、何もいいことないって言ってたのは、どこのどいつだよ」

千太郎の名言「大事な相棒ば、待たせとるけんな」

ここがオススメ!
・佐世保の異国情緒溢れる風景、そして佐世保弁に癒される!

2位『赤ちゃんと僕』羅川真里茂

母を亡くした主人公が幼い弟の世話をしながら奮闘する日常と周りとの交流を主に描いたホームコメディで、1話から数話完結の話で構成される。また扱われるテーマは多岐に渡り、時には非常に深刻なテーマ(いじめ、家族との確執を含む家庭問題など)も扱う。 引用:wikipedia

大大大好きな漫画の1つ!兄:拓也と弟:実を中心としたホームコメディだけど、深刻なテーマや大人の恋愛・人生観を意識した話もあり。

大人が読んでも面白いというよりは、逆に「これ小・中学生が読んでもわからんやろ・・」という話も多めです。よく花とゆめで連載できたよねw

全体としては家族愛がテーマで、日常の些細な出来事をよく描写しているなぁと感心します。真里茂さんすごい!

最終巻(18巻)も超感動なのですが、春美パパと由加子ママが出会って結婚に至るエピソードが含まれた13巻が特にオススメです!

家族ってめっちゃ大事!人生って素晴らしい!と思える心のバイブルです。

春美の名言「強がるな!!泣きたい時になけない、それは君が作った君の感情だ。真実は君の中にあるのに誰もわかってくれないぞ・・一度、それを壊してみないか?」

拓也の名言「人間嫌いな人は、人に裏切られてきたんだと思うから優しく接しなさいって言ってたよーー本当の優しさで接しなさいって・・」

朝日勇貴の名言「運命という字を考えてくれ。命を運んでるんだぞ。それを誰彼に決定づけてほしくないね。変えてやるよ。抵抗して、抵抗して、抵抗しまくってやる」

ここがオススメ!
・家族を亡くした拓也・実・春美、それぞれの奮闘する姿に感動!

1位『ハチミツとクローバー』羽海野チカ

美術大学を舞台に、いわゆる「青春群像劇」を、ハイテンションなエピソードや静かな感動シーンを通じてとらえていく。恋愛に不器用な大学生達の報われない恋模様や、自分の才能や生き方について迷う若者達の姿を描いている。 引用:wikipedia

王道中の王道でごめんなさい!でも、やっぱりオススメせずにはいられない大作です!

美大生という憧れのキャンパスライフを舞台に、男女の恋愛・仕事・人生への葛藤などを描いた作品。全10巻です。

かっこよさげに見えて実は青春スーツを着ている真山、破天荒だけど天才の森田、真山に一途すぎる山田など、キャラが濃くて何度も読み返してしまいます。

物語の中心は恋模様なんですが、それと合わせてヒロイン:はぐみの美術への葛藤・戦いが印象的でした。

ちゃんと為になるストーリーがあって、特に最終巻は泣けます。。涙が止まりません・・

また、羽海野さんの漫画は毎話ラストにポエム的な部分があって、そこが深い話が多くとても良い。

それぞれのキャラクターの感情を文字にするのがうまいなぁと感心します。超絶オススメ漫画です!

竹本の名言「あげられるものなんて、心くらいしかないから・・君にわたそうと思った」

森田の名言「何かを残さなきゃ生きてるイミがないなんて、そんなバカな話があるもんか。生きてくれればいい。一緒にいられればいい。オレはもう、それだけでいい。」

真山の名言「恋をすると女の子は綺麗になるっていうけれど・・ダメだな男は」

山田の名言「人から見たら、どんなに情けなくても、みっともなくても、彼を思うこの気持ちが、そのたったひとつが、冷たくて明るい私の宝物だった」

はぐみの名言「帰って来て欲しくない。やりたい事全部やってみれるまで頑張るのがいいと思う」

花本先生の名言「努力するか諦めるか、どっちかしかないよ。人間に選べる道なんて、いつだってたいていこの2つしかないんだよ」

ここがオススメ!
・美大生の友情・恋だけでなく、人生とは何か考えさせられる大作!

まとめ:完結済みだから一気読みもできる!少女・女性漫画を読んでリラックスしよう!

いかがだったでしょうか?

今回オススメした漫画は全て完結済みなので、一気読みもできて休日にぴったりです。

アラサー男子が選んでいるので胸キュンというよりは読みやすい感動系・日常系のものが多かったと思います。

絵も比較的綺麗な作家さんが多かったと思うので、どれも読みやすくてオススメですよ♪

ぜひ、一度読んでみてください!

お読みいただきありがとうございました〜。