>>フォローすれば今日から埼玉通!さいたまっぷる公式Instagramはこちら

出前館|配達員の服装や髪型はどんな感じ?バイトと業務委託の違いに注意が必要!

手軽にできる副業として注目されているのがフード宅配の配達スタッフです!

特に高収入で話題になっているのが出前館ですが、出前館の配達員はアルバイト(直雇用)と、業務委託(個人事業主)の2種類があります。

結論から言うとデリバリー配達員をするなら業務委託の方が服装・髪型の自由度が高くておすすめです!

じゅうたろう

業務委託の1番の違いは赤い制服を着なくていいところだよ。
出前館と併用でがっつり稼げる!『Uber Eats 配達パートナー』

【a】Uber Eats 配達パートナー募集
 
Uber Eats 配達パートナーなら好きな時間に働いてサクッと報酬をGETできる!

朝だけ、夜だけ、土日のみなど短時間で自由に稼げるのが良いところ。出前館配達員と併用で使えばさらにがっつり稼げます!

【空き時間を有効活用!まずは簡単登録から ▶︎Uber Eats

出前館|アルバイト(直雇用)の服装・髪型はどんな感じ?決まりはある?

出典:出前館

服装

アルバイト(直雇用)は赤い制服が貸与されます。出前館というとこの赤いジャケットのイメージですよね!赤い帽子も貸与されます。

下のズボンは黒系の無地など落ち着いたものであればOK!靴はサンダルなどはNGです。動きやすいスニーカーが良いでしょう。

髪型

出前館のアルバイト募集概要をみても、髪型については特段の決まりは書いてありあませんでした。

目立つ色(金髪やピンク・緑)など派手に染めているのはNG、他のアルバイトと同様で常識の範囲内というイメージですね。

ただし、配達拠点ごとの雰囲気もあると思うので、実際に働いてみて調整していくのもアリです!出前館のロゴが入った赤い帽子は貸与されます。

出前館|業務委託(個人事業主)の服装・髪型はどんな感じ?決まりはある?

服装

出前館(業務委託)のルールはアルバイトと比べて比較的優しいです。

出前館Q&Aによると、①シャツは自由でOK、②ズボンは、無地の黒い長ズボン(※ハーフパンツは不可)、③サンダルは配達時に危険なため禁止と解説されています。

これだけしか記載がないので、「あとは常識の範囲内でお願いします」と言われているような気になりますね。

1番の違いは赤い制服を着なくて良いということ!「あの制服ダサいんだよな〜」と思っていた方には朗報ですね。

こういったルールはニュースで不祥事が放送されると改正される可能性があるので、注意しておきましょう。

髪型

出前館Q&Aによると、①自身の自然な髪色であれば問題なし(※意図的に派手に染めた髪色はNG)、②肩より長い場合は後ろでひとつにまとめることと解説されています。

ルールがけっこう曖昧ですが、確かにインターホンを鳴らす相手が超金髪のロン毛だったら引きますよね・・(笑)やはりここも常識の範囲内で、「これだとクレームがきそうだな」という風貌はしないように注意しましょう。

ちなみに業務委託であっても赤い帽子は貸与されます。着用するのはお店に料理を受け取りに行く時とお客さんに料理を渡す時と決まっています。

配達クルーはアルバイトと業務委託どちらも清潔感が大切!

フード宅配を注文する方は、新型コロナウイルスの感染リスクを恐れて依頼している方がほとんどです。

そのためアルバイトであろうが業務委託であろうが、関係なく清潔感は超大事です!(当たり前ですが。。)

例えば配達員のマスクに黒いシミが付いていたらそれだけで嫌になりますよね。服装や髪型も同様に、相手に不快感を与えないようご注意ください。

手鏡などのコンパクトなミラーを持っておいて、到着したら身だしなみチェックするものおすすめです。

\毎日開催!スマホで見れるWEB説明会/

出前館は業務委託なら服装&髪型の自由度が高くてストレスなし!

出前館の配達クルーのアルバイトと業務委託で大きく違うのは、赤い制服を着るかどうかというポイントです。

これを着たくない方は業務委託の一択!全体的にルールが大まかであるため、アルバイトより自由に働きやすい環境です。

さらに、業務委託はアルバイトより稼ぎやすくておすすめです!理由については下記記事を参考にどうぞ♪

出前館の配達員(業務委託)が稼げる理由6選!時給◯円も無理じゃない!
出前館と併用でがっつり稼げる!『Uber Eats 配達パートナー』

【a】Uber Eats 配達パートナー募集
 
Uber Eats 配達パートナーなら好きな時間に働いてサクッと報酬をGETできる!

朝だけ、夜だけ、土日のみなど短時間で自由に稼げるのが良いところ。出前館配達員と併用で使えばさらにがっつり稼げます!

【空き時間を有効活用!まずは簡単登録から ▶︎Uber Eats