>>デリバリーアプリmenuが埼玉で配達スタート!

餃子の雪松がコロナ禍で大ブーム!?店舗が超スピードで増えている理由

餃子の雪松という無人の餃子販売所をご存知でしょうか?

2〜3年前まではさほど知名度もなかったお店ですが、最近はコロナ禍でどんどん店舗を増やしています!

ここ1年で店舗がどれだけ増えているのかや、店舗が増えている理由などを紹介していきます。

じゅうたろう

2021年1月には南与野店と本庄店がニューオープンしていたよ♪

『餃子の雪松』はコロナ禍でどれだけ店舗が増えた?

『餃子の雪松』は関東を中心に展開している餃子の持ち帰り専門無人販売所です。

当ブログでは2019年12月に、餃子の雪松を購入して食べてみたレビューを書いているんですが、その時埼玉県内には約5店舗ほどしかありませんでした。

しかし、今回調べてみたところ、なんと埼玉県内だけでも18店舗あることがわかりました!たった一年で10店舗以上増えているんですね〜。

東京や埼玉に数店舗しかなかった印象ですが、最近では茨城県、栃木県、群馬県、千葉県、神奈川県、山梨県などにも展開しています!

しかもコロナ禍で、飲食店などは閉店を余儀無くされている中、これだけ増えているのは本当にすごいと思います。

『餃子の雪松』がコロナ禍でも店舗を増やせる理由

『餃子の雪松』がコロナ禍でも躍進できた理由は大きく3つあると思います。

理由
  1. 店員がいないから人件費がかからない
  2. 店員がいないからコロナ感染リスクが少ない
  3. 自宅で食べる機会が増えたから生餃子の需要が増えている

『餃子の雪松』は無人の販売所なので、生餃子をとったり、料金を支払うのも全てセルフスタイルのお店です。

このため人件費もかからず、店員と関わることもないのでコロナ禍でも気軽に入れるわけです!

さらに、緊急事態宣言などもあり外食をする機会が減り、自宅で料理をする日が増えました。

こんな決定的な理由が3つもあるので、大躍進は納得ですね!このスタイルをコロナ以前からスタートしていたというところがまさに先見の明というやつでしょう。

『餃子の雪松』はどんな味?

ここで気になってくるのが『餃子の雪松』の味ですよね!本当に美味しいのか気になる方も多いと思います。

『餃子の雪松』を実際に食べてみたレビューは下記記事で紹介しています。餃子といえば、餃子の満洲餃子の王将があるのでぜひ食べ比べてみてください♪

餃子の雪松を食べてみた正直レビュー!メニュー・料金・口コミも紹介